Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

ゲット・バック


組長のコラム?『音楽映画 観ずに死ねるか!』2020年2月号

 

総合評価点:80点(100点満点中)
楽器、歌のリアル度:★★★★★
笑い、オフザケ度 :ナシ
重さ、シリアス度 :★
音楽のジャンル :ロック、ポップス
時代設定 :1990年ころ
舞台設定 :ワールド・ツアー
ドキュメンタリー

 

1990年までのポール・マッカートニーの世界ツアーを激写したドキュメンタリー映画です。
たしかポールさんは一時期、昔の栄光に負ぶさりたくなかったのかどうか?ビートルズ時代の曲をあまり演奏してなかったように思います。呪縛が解けたかのように、このツアーではビートルズの曲を演奏されています。ビートルズファンとは、とても言いがたい私でさえ知ってる曲のオンパレードでした。エエ曲が多いんですよね!世界中で知らない人を探すのが難しいくらいに有名ですし、ポールさんもまだ若い。ベースにギターにピアノも演奏。特に感心するのは、ベースを弾きながらの歌を歌うこと。これって、めちゃくちゃ難しいんです、ほんとに!平然とやってのけていますし、曲も自前です。才能ありすぎ、あんたが大将〜!
バラード調の曲の間に、じだい時代の大きな出来事の映像が挿入されています。ベルリンの壁、ベトナム戦争、キング牧師、小平、そしてジョン・レノン。
有史以来、世界の覇権を握ってきた国の中のひとつにイギリス大英帝国も名を残しています。香港の混乱は今も続いていますが、この元凶を作ったのもイギリスです。ビートルズを含め70年代のロックが「ラブ&ピース」を叫び、世界は変えられるんだと信じたはずなのに、世界の混迷はより複雑化しています。
ブレグジットの今、パックス・ブリタニカの夢が、パックス・チャイナにならないことを祈って止みません・・・・・。

 

2015年5月から「SO-す」という曽於市の地域情報誌に

毎月1回『音楽映画 観ずに死ねるか!』というコラムを

組長が書かせていただいております。

南日本新聞の販売所4軒で、合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに不定期で転載しております。

 

 

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 10:16

Comment
Send Comment