Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2015.04月 お酒と音楽。

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

お酒と音楽。

お酒と音楽は、切っても切り離せない関係ですよね。そう思っているのは、飲兵衛の私だけでしょうか?いや〜ゼッタイ深い関係があるはずです。
世界中のアチラコチラに、様々な「お酒」と個性的な音楽が有ります。
今「マッサン」で注目のスコットランドに「スコッチ・ウィスキー」その隣のアイルランドには、黒ビールで有名なギネス社があります。このギネス社が、ギネスブックを生み出し、ギネス記録の認定をやっているのは、意外と知られていないみたいです。
前回の朝ドラ「花子とアン」でも使われていた‘The Water Is Wide’と言う曲はスコットランド民謡です。「マッサン」で、エリーも口ずさんでいましたね。そして同じくスコットランド民謡「蛍の光」も「マッサン」でよく出てきます。英語の歌詞で聴くと、かなり違った印象になりますね。
前出の‘The Water Is Wide’と言う曲を日本語に訳して「広い河の岸辺」と言うタイトルで、2010年に「NHK紅白歌合戦」に出場した「クミコ」さんが歌ってヒットしているそうです。彼女自身も4年前の震災の日に、コンサートで行っていた石巻市民会館で被災した経験があることもあって、この曲を歌っているそうです。
かたや、イギリス人やアイルランド人が太平洋を渡って移り住んだ北アメリカには、軽いテイストのビールと、芳醇な香りを持ったバーボン・ウィスキー。移民の国であることから、様々な人種と文化がチャンプルー状態です。音楽も百花繚乱。カントリー、ブルース、ジャズ、ロック、ソウル、ラテン。戦後、占領軍の音楽に、私も含め日本人の頭と心は占領されてしまいました。
ちなみに私の晩酌は、バーボン「アーリー・タイムス」のブラウンラベルです。
かたや、アメリカのフロリダから、わずか150キロ南に浮かぶ赤い島「キューバ」ここは、政治や経済そして音楽も、隣のアメリカとは別世界です。社会主義国として、アメリカの経済制裁が50年以上続いて経済的にはヘロヘロになってます。しかし音楽的には、この閉鎖期間があったからこそ、かえって独自の進化・熟成を迎えたような気がしてなりません。
先頃オバマさんは、経済封鎖の緩和を発表しました。アメリカとキューバの関係が深まっていくことは、お互いの国民には良いことなんでしょうが、キューバの音楽の、独自の熟成は望めなくなりました。

これも時代ですね。

 

 

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 10:03

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2015.03月 映画「タイタニック」は、小学生に見せるべきか?

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

 

映画「タイタニック」は、小学生に見せるべきか?

見せるべきじゃないないかと思います。大画面・大音響で見せるべきでしょう。私は、次女(6年生)と一緒に観ました。凄いスケールで、歴史の勉強にもなりますね!
次女のクラスで、担任の先生がみんなに聞いたそうです。映画「タイタニックを見たことのある人、手を上げて!」なんと手を上げたのが、うちの子だけだったそうです。なんか嬉しくなってしまいました(すみません!自画自賛で)
普通タイタニックの話をする場合は、時代背景とか沈没した原因とか、海に投げ出された人のほとんどが低体温症で20分ほどで亡くなったとかの話が中心になるわけですが、ここでは違う話になります。音楽がらみの話です。
イギリスから、自由の国アメリカへアイルランドの移民もたくさん乗ってたみたいですね。

2等船室のあるフロアで貧しい身なりの人達が、新天地アメリカへの希望を胸に、楽しそうに踊っていたのはアイルランドのケルト音楽でした。
そして、裕福な方々がお食事をする会場では、毎晩演奏をしていた7〜8人のバンドがいました。船が沈み始めてお客さんは、てんやわんやで避難しています。その間、彼らがお客さんの気持ちを少しでも和らげようと、自分たちも死の恐怖を感じながら甲板で演奏を続けていました。
バンド・マスターが最後にメンバーに言うセリフが涙を誘います。

「ありがとう。君たちと演奏できて幸せだった」
バンド・マスターは「ウォレス・ハートリー」ヴァイオリニストです。亡骸が発見された時、ヴァイオリンが体に結び付けられていたそうです。今でもそのヴァイオリンは、イギリスに現存しているそうです。そして、彼らのやったことを、私達に教えてくれています。
2200人程が乗っていたなかで、ボートに乗れて生き残った人は、700人程しかいないそうです。
その中に唯一の日本人乗船客であり、生存者の一人「細野正文」。

なんとあの伝説のバンド「はっぴいえんど」や、坂本龍一と組んで世界を席巻した「YMO」のメンバー、日本音楽シーンの重鎮「細野晴臣」さんのお祖父さんです。お祖父さんが、もし亡くなっていたら日本の音楽史は、かなり違ったものになってたわけです。

いや〜、この史実は、びっくりしました!
  
 

  • 2018.09.22 Saturday
  • 09:44

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2015.02月 邦楽No.1は「織田哲郎」

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

邦楽No.1は「織田哲郎」

東洋の島国「日本」しかも九州の地方都市で、いろんな国の音楽を聴いています。半分以上は、洋楽ですね。邦楽(日本の音楽)も大好きです。70年代からのフォークやロックの類です。
邦楽の中でも、好みのシンガーが沢山います。今まで数百というミュージシャンの音楽を聴いてきました。その中でも、ダントツに好きなのが「織田哲郎」というアーティストです。私と同じ56歳。作詞・作曲をして自分で歌うという、いわゆるシンガー・ソング・ライターっちゅう人です。
彼の作る曲に惹きつけられる要因は、70年代の正統派のロックの薫りとメロディ・ラインの秀逸さです。そして声も重要な魅力の一つです。
しかし、彼の歌った曲で有名な曲は少ないです。2010年にコブクロがカバーした「いつまでも変わらぬ愛を」と、近藤房之助と歌った「ボンバー・ガール」くらいでしょうか?
実力があるのに、あんまり有名じゃないところが、私のマニアック好みの琴線に触れてるんだと思います。
作曲家としての実力を、少しだけご紹介しときます。
なんと190万枚のミリオン・ヒットを達成し、1990年の第32回日本レコード大賞受賞曲(ポップス・ロック部門)B.B.クイーンズの迷曲?「おどるポンポコリン」は、最高にシュールですね。
この流れの曲なら、私の大好きなテレビ番組「はじめてのおつかい」で流れる近藤房之助が歌う「しょげないでよベイビー」「ドレミファだいじょーぶ」等、ほとんどの曲が織田哲郎の作曲です。
 TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」
そして国民的な応援歌になった、ZARDの「負けないで」ちなみに「揺れる想い」も彼の作品です。
歌ってる方の覚醒剤問題で、曲の方までイメージダウンするのが許せない第37回日本レコード大賞・優秀作品賞「蒼いうさぎ」も名曲です。
そして私は、今でも「織田哲郎」の追っかけおじさんやってます。

 

 

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 09:42

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2015.01月 音楽はお好きですか?

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

音楽はお好きですか?

世の中には、素晴らしい音楽があふれていて、毎日が楽しくてしょうがない!なんていう人は、あまりいらっしゃらないと思いますが・・・・?
皆さん、何処で何を使って音楽を聴いているんでしょうか?
ステレオ・セットでレコードを聴くのが日課だって言う方がいらっしゃったら教えてください。
私は、自宅で音楽を聴く機械が無くなって10年以上経ちます。ほとんど車の中で聴いています。去年コンポを新しいのに変えて、DVDも觀れるようになりました。
なかなかライブ映像を長時間テレビの前で見るのは難しいので、非常に重宝しています。以前は、ビデオやDVDの音声だけをカセットやCDに入れて音だけを聴いたりもしていました。今では車の中が、あたかもコンサート会場になったようで、現代文明を堪能かつ享受しております。
話がバラバラで申し訳ありませんが、私が大学を中退した頃にやってたアルバイトがレコード屋さんなんです。松田聖子のデビューの頃です。レコード業界も景気が良かったですから、小さなレコード屋さんにも新人のプロモーション用の試聴盤とかが、結構送られてきてました。
デビュー前のアーティストのキャラクターと楽曲、歌唱力を事前に評価して、売れるか売れないかを予想するのが楽しみでした。絶対売れると思ったミュージシャンが、売れないことも多いわけで、音楽業界の難しさを考えたりしていました。
音楽でも、本や映画も、ほんとに良い物がヒットしたり日の目を見るわけではありません。見る人の嗜好やレベルもあるでしょうし、何が本物か見分けるのは難しいことです。
でも私は、時代を超えて残るもの、残さなくてはいけないものがあることを信じて生きています。

 

 

  • 2018.09.17 Monday
  • 09:37

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.11月 ワールド・ミュージック「ゴンチチ」

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

ワールド・ミュージック「ゴンチチ」

二人組のギター・ユニット「ゴンチチ」。なぜかワールド・ミュージックというジャンル分けをされるそうです。
CDには、歌はほとんど入っていません。アコスティックギターをそれぞれが弾いて、癒し系の音楽を聴かせてくれます。渋かったり、楽しかったり、哀しかったり、様々な情景の見える音楽を奏でてくれるグループです。
ちなみに、お二人とも関西人。お名前が「ゴンザレス三上」さんと「チチ松村」さん。二人を合わせて「ゴンチチ」。ふざけてますよね。この、ふざけ具合が絶妙で、素敵で素晴らしい音楽をぎょうさん作ってくれているんです。
アルバムとしては、40枚近く発売されています。 映画音楽での起用や、天気予報などテレビ番組のバックグラウンドミュージック(BGM)として起用されていることも多いです。
BGMって一歩間違えると「歌のない歌謡曲」みたいになる場合が多いんですが、彼らの音楽は、単なるBGMではありません。
様々な音楽的興味の積み重なった知見と経験、そして熟成された表現力の技。
こんなふうに言葉で書くと、超絶テクニックのすごい速弾きを想像したりされるかもしれませんが、全く違います。
脱力系、癒し系、でも渋い。そんな彼らのサウンドは、人の心を映してるんだと思います。年齢、性別を超えてオススメできる音楽です。
是非!ご一聴をお願いします。

 

 

  • 2018.09.15 Saturday
  • 09:58

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.10月 「アルゼンチン・タンゴ」と悪魔が発明した楽器「バンドネオン」

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

「アルゼンチン・タンゴ」と悪魔が発明した楽器「バンドネオン」

南米アルゼンチンは、先般ワールドカップが開催された隣国ブラジルと違って、人種構成比率で黒人がかなり少ないそうです。
イタリア、スペイン等のヨーロッパからの移民が多く、国家としての歴史は200年ほどしかありません。
祖先の地は遠く、大戦後経済的にもそれほど恵まれていないこの国のアイデンティティとして、アルゼンチン・タンゴは、民衆に深く愛されています。
日本で社交ダンスと言えば、ヨーロッパで広まったコンチネンタル・タンゴが多いそうですが、踊りのイメージは結構違うように思います。
そして、両方のタンゴで使われる音楽はかなり違います。コンチネンタルに関しては、管弦楽編成のムード音楽的な舞踏音楽が主流。
アルゼンチン・タンゴは、歌が入った曲も有りますし、何よりも印象的なのは、タンゴを演奏するバンドで使われている「バンドネオン」と言う楽器です。このバンドネオン、一度聞くと忘れられない哀愁を感じる音を奏でる楽器なんです。音を聴いただけで、心が震えます。
ドイツのとある街でハインリッヒ・バンドと言う人が作り始めた楽器らしいです。このバンドさんが、悪魔の様な人だったから「悪魔が発明した楽器」と言われてる訳ではありません。とっても弾くのが困難な楽器なんです。一見アコーディオンみたいなんです。アコーディオンと同じく手で真ん中の蛇腹状の部分を両側から引っ張って空気を送り込みます。そして両側のボタンを押して音を出します。このボタンの音階(ドレミ)の配列が全く順番になってなくてバラバラなんです。しかも右と左で配列が全く違うんです。
極めつけは、蛇腹部分を広げる時と閉じるときで、同じボタンを押してるのに、違う音階になってしまうんです。
この複雑さ困難さ故に「悪魔が発明した楽器」と言われているそうです。
私の担当楽器ドラムは、音階も無く、叩けば音が出るという単純明快で原始的で、ほんまに、よかった、よかった?

 

 

  • 2018.09.14 Friday
  • 09:54

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.09月  日本の代表的な音楽って何なんでしょう?

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

日本の代表的な音楽って何なんでしょう?

『人生で必要なものは、愛と勇気といくらかのお金だ』とチャップリンが言ったそうです。健康と家族・友人、仕事ってことでしょうか。どれも大事ですね。それと、もうひとつあるような気がします。生きる糧(夢)でしょうか。私にとっては、音楽になりますかね。
しかし、唐突ですが「日本の固有の音楽ってなんだろう?」と考えることがあります。「演歌」を思い浮かべる方が多いと思いますが?演歌は、そんなに歴史がある訳ではないそうです。定着したのは、ほとんど昭和に入ってからのようです。
演歌の中興の祖と言われている「添田唖蝉坊(そえだ あぜんぼう)」と言う人がいたそうです。街頭で、世間や政府の矛盾や不正を風刺して、演説のように歌うところからも演歌と言われてるようです。だいぶ今の演歌のイメージと違いますね。
この唖蝉坊がやってたことは、昨今の若者がギターを持って道端などで歌ってるのと似てますね。ただ最近の若者の歌には反骨精神とかは、ほとんど感じられませんけどね。
だいたい「これが日本の代表的な音楽です」と言って、演歌を胸を張って歌えません。かと言って民謡でもないでしょうし、ニューミュージックでもないし、J-POPなんて恥ずかしくてコケてしまいそう。こんなことで、頭を悩ませてる暇な奴は、私ぐらいでしょうね〜?
最近、改心して(何を改心したんでしょう?)ブログをたまに書いてます。仕事のこと、音楽のこと、テーマごとに分けて書いてます。良かったら覗きに来てください。「カクタス小野」で検索していただけると出てきます。

 

 

 

  • 2018.09.13 Thursday
  • 09:47

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.08月 「ちんどん屋」と「のこぎり音楽」

すいません!画像勝手に使いました。

 

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

「ちんどん屋」と「のこぎり音楽」

なんと都城に「ちんどん屋」さんがいらっしゃるのをご存知でしょうか?
趣味や酔狂でやってらっしゃるわけではありません。

立派なご職業としての「ちんどん屋」さんです。九州内で4〜5軒しか残ってないそうです。「花ふぶき一座」座長の宮田若奈さんとは、ミュージシャン?繋がりでちょっとした知り合いです。

以前からお世話にもなってますし、いろいろ頑張っていらっしゃるので、応援ついでに、こちらの場を借りて営業させていただきます。「よいしょっと!」
商店街の賑やかし、ステージパフォーマンス、宴会の余興や朝市での盛り上げ。笑顔と元気を届けてくれます。花ふぶき一座:090-8573-1430
ちんどん屋の始まりは、江戸時代の末期らしいです。大道芸の一つと言ってもいいのではないでしょうか?
大道芸については、いろいろ興味の尽きないところですが、今回は「のこぎり奏者」のサキタハヂメさんのご紹介です。

のこぎり音楽ってなに?
西洋のこぎり(ミュージカル・ソー)を弓またはマレット(ばち)を使って演奏する音楽なんです。

ドラマの効果音などで幽霊が出てくるようなシーンで「ひゅ〜」というような音などに使われていたりするのが、この「のこぎり」の音だったりします。演奏しているのを見ると「おかしみ」や滑稽さと相まって、悲しげなビブラートが琴線に触れ、涙が出そうになります。
この「おかしいんだけど、悲しい!」という泣き笑い状態に「ミョー」に心惹かれるのです。

藤山寛美の松竹新喜劇と同じですね!
新喜劇と言えば、大阪。そしてこのサキタハヂメさんも大阪、なんと大学も私と同じで、同じ学科でした。
大学在学中に「大阪ちんどん通信社」に入門してるそうです。

この「大阪ちんどん通信社」は、先出の宮田若奈さんも入門されてたように思います。
なんか、あっちこっちが繋がってて「おもろいでんな〜?」

 

 

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 09:45

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.07月 ハワイアンとフラダンス

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分をこのブログに転載しております。

 

ハワイアンとフラダンス

「歌は世につれ世は歌につれ」とかよく言われますが・・・・
世相を反映して歌の内容も変わっていくっていうことだと思います。
世界のあちこちで、なぜそんなことが起きるのか、近現代の歴史を紐解かないと解らないことが多いです。最近は、インターネットを使って調べることができるので便利ですね。
以前もこちらでウクレレのことを書きましたが、ウクレレと言えば「ハワイ」そしてハワイアンにフラダンス。このダイレクトなイメージが映画「フラガール」にも反映されてますね。
カントリー・ミュージックにも似たような構図があります。バンジョーにマンドリン、カウボーイ、そしてカントリー・ダンス。
どちらも表面的な部分だけを見て納得してる方が多いように見受けられます。もう少し扉を開けて見て、探って欲しいんです。

時代とともに息づいてるハワイの音楽、世界的にも活況を呈しているカントリー・ミュージック。
素晴らしい音楽と、素敵なミュージシャンが沢山います。
一人だけ紹介させてください。一度見たら忘れられない、ハワイの伝説的なスーパー・スター「イズラエル・カマカヴィヴォオレ」舌を噛みそうな名前ですが、愛情を込めて「IZ・イズ」と呼ばれています。

もう天国で歌ってるんですよね・・・・

 

 

 

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 09:37

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.06月 脇役を演じきる!

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分をこのブログに転載しております。

 

脇役を演じきる!

4月に俳優の蟹江敬三さんがお亡くなりになりました。

とても残念です。「ガイアの夜明け」のナレーションは、蟹江さんのあの声でないと締まりません。
「あまちゃん」のお父さん役、あのおかしげな味も、蟹江さんでないと出せません。
脇役がいい役者さんでないと、ドラマや映画に深みや、いい意味での臭みが出ません。

バンドも同じです。特に歌い手さんを引き立てるのが演奏者の仕事です。

技巧的に、うまいだけの演奏って面白くありません。

味が無いんです。
うまくはないんだけど、あの人じゃないとこの雰囲気は作れないとか、あの人じゃないとこのノリは出せないとか・・・・・
個性的で、渋みがあって、ソコにいるだけで説得力があるって言うようなミュージシャンに憧れますね。
脇役としての分をわきまえ、しっかりと音楽を支え作っていくミュージシャン。

これって、社会生活や家庭生活にも当てはまるような気がしませんか?

 

 

  • 2018.09.10 Monday
  • 09:34