Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ヨーロッパ・中東

クィーンの映画もエエけど、この動画は超オススメ!

最初は、ニコニコしながら観ていたが、途中から涙が止まらんかった。

君たちが本当のチャンピオンだ!

 

 

  • 2018.12.03 Monday
  • 11:36

ヨーロッパ・中東

エルドアンさんのご自宅200室以上!

 

NATO加盟国なのに、ロシアと手を組んだり

アメリカと敵対して、牧師さんを拘束したり

自国の通貨危機が迫ってるそうですが・・・

 

このブログ8月9日に、エルドアンさん宅の屋上には

ムスタファのように象を飼えるぐらい広いんだろうかと書いたんですが?

 

200室以上ある大邸宅らしいです。

象なんて、10頭ぐらい飼えそうですね?

ちなみに大統領官邸は1000室以上あるそうです

 

スルタン目指して突っ走る・・・・・・。

 

 

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 09:46

ヨーロッパ・中東

「ムスタファ・ケマル」のことなんでしょうか・・・・?

エルドアンの家の屋上にも象がいるんやろか?

 

迷曲「ムスタファ」は、トルコ独立の英雄

「ムスタファ・ケマル」のことなんでしょうか・・・・?

 

だって屋上には象を飼えるぐらいお金持ちなんですもんね。

 

 

  • 2018.08.09 Thursday
  • 10:04

ヨーロッパ・中東

「阿修羅のごとく」

 

1979年 NHKドラマ「阿修羅のごとく」のテーマ曲。

トルコ軍楽「 Ceddin Deden(祖父も父も) 」

軽い気持ちでドラマを観ようとしてこの曲がかかると仰天!

無防備な精神が慟哭しそうでした。

 

余談ですが・・・・・

東京でブルース・ブラザーズのコピーバンド・バンドをやってました。

グラフィックデザイナーやカメラマンといった業界の方がメンバーで

伊藤アシュラさんというイラストレーターがいらっしゃいました。

めちゃめちゃ博識で面白い方、いろいろ勉強させていただきました(感謝!)

まだまだお元気でご活躍されてるみたいです。

 

 

  • 2018.07.22 Sunday
  • 09:37

ヨーロッパ・中東

コモドの不思議なサーカス

 

現在日本にサーカス団は「木下サーカス」数少ないそうですが、

スウェーデンには、パーカッションだけで演技をする、

これまたとんでもなくテクニカルで楽しいサーカス団があります。

 

私にとっては、シルク・ドゥ・ソレイユよりコモドが面白い!

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 10:20

ヨーロッパ・中東

ローガン・プラント?

BEAVERTOWN BREWERY のオーナー「ローガン・プラント」さん

音楽とは関係ないなんかのテレビ番組で、イギリスのあるビール醸造所の
取材のシーンでたまげました!

イケメンのオーナーが
「父がロバート・プラントです」とか言ってるわけです。
え〜! ゼッペリンのロバート・プラントの息子なんだ〜!

そうだよね、お父さんがミュージシャンだからって、
息子や娘がみんなミュージシャンになるわけじゃないですもんね。
かえってそのほうが気が楽ってこともありますね。

 
  • 2015.07.08 Wednesday
  • 09:43

ヨーロッパ・中東

BSフジ「旅する音楽」

ロマのおじさん。なんでジプシーって言ったらいかんのやろ?

昨年から、4回に分けて放送されました。思い出したように突然放送されるので、けっこうまめに放送覧をチェックしてないといけんかったです。
最終回は、なんと3時間スペシャル。うレピ〜。

世界的な音楽の流れが、大雑把ではありますが、かなり楽しめました。
リポーターが、「オダギリ・ジョー」何処の国の風景にも、違和感なく溶け込む風貌とファッションには関心しました。
残念ながら、コメントの中身は、イマイチでしたが・・・。

コメントの重要性に気付かされたのが、
NHKで放送された、司馬遼太郎の「街道をゆく」を観た時でした。
比べちゃ可哀想ですね。ごめんなさい。
 
  • 2014.10.11 Saturday
  • 11:05

ヨーロッパ・中東

ソングス「クィーン」

「竹内まりや」から始まったソングスと言うNHKの音楽番組。

最近突然のように、洋楽のアーティストを取り上げ始めました。
もともと邦楽の時も、ほとんど一貫性がなく、首をひねる事しきりでした。

なんと今日は、「クィーン」です。
まりや、ユーミン、ドリ・カム、スピッツ、って流れていけば、そんなに違和感ありませんが・・・・・

2005年のクィーン+ポール・ロジャースの来日、福岡ヤフー・ドーム
行きましたね。
フレディのただの代役としてでなく、一人のシンガーとして、
クィーンへのリスペクトをもって歌う「ポール・ロジャース」の姿は、野武士のように見えました。

  • 2011.06.29 Wednesday
  • 16:12

1