Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

アメリカ北東部

アメリカのロックはヘブライ語だったかもしれん?

だから〜 当然大使館はエルサレムにするべきなんですよね。

 

アメリカ建国当時の議会で、

国の言語をヘブライ語にするべきだという意見があったらしい。

 

 

 

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 09:28

アメリカ北東部

ドナルド・フェイゲンの声が、麻薬のように・・・・

年をとる毎に、そのミュージシャンに対する感じ方が変わってきます。
スティーリー・ダンも、かなり印象が変わってきました。

偏屈なおじさんたちなんだろうなとは以前から思っていましたが・・・
自分が年をとって偏屈になってきたからなんでしょうが、
親しみを感じるようになってきました。

ここ数年、活動を再開してアルバムを作ったことも知りませんでした。
しかも、ライブDVDがあることも・・・

このDVDは、麻薬のように私を蝕んでいます。
影像ものって、何回も観ないんですが(結構飽きる)
これは、ケシのように迫ってきます。
  • 2015.07.04 Saturday
  • 10:17

アメリカ北東部

アメリカの心「スティーブン・フォスター」

評価:
久保田麻琴と夕焼け楽団
SHOWBOAT
¥ 9,980
(2013-01-30)

100年以上前の、アメリカの作曲家です。

小学校の頃の教科書に載ってた「草競馬」とか、
ロック・ミュージシャンもけっこう取り上げてる「おおスザンナ」とか、
ひたしみやすく、どこか郷愁を感じるメロディが大好きです。

ザ・ソングス・オブ・フォスター ~ ビューティフル・ドリーマー

と言うオムニバス・アルバムを何故か購入しました。
このアルバムの中で、特に印象深いのがこの曲です。

「Hard Times Come Again No More」
1. 人は悲しみ見つめながら、 ああ涙数えて
 歌は夜も日もわたしを責め、ああ今日も暮れゆく
 歌は弱き者の嘆きか溜め息か、今日もわたしの窓を叩く
   Oh, Hard Times, come again no more.

2. 人は喜び求めながら、ああ望みはかなく
 歌は小さな願いこめて、ああ星のささやき

3. 人は悩みの海に浮かび、ああ波間漂う
 歌は悲しく低く流れ、ああ悩み果てなく


アメリカにとって第2次世界大戦より死傷者が多かった
南北戦争の悲劇を歌ったらしというのを聞いたことがあります。

今この曲を聴きながら思うのは、苦しみがいまだ続いてる東北の方々のことです。


 
  • 2011.07.19 Tuesday
  • 16:27

アメリカ北東部

ジャニス・イアン「17才の頃」

去年「Will You Dance?」という曲が、資生堂ELIXIR PRIORのTVCMに使われてました。

だいぶ昔ですが、TBSドラマ『岸辺のアルバム』の主題歌にも使われていました。
とても印象的な、ドラマのオープニングが忘れられません。

もう一曲、たまに無性に聴きたくなる一曲が、「17才の頃」

英語の歌詞があんまり判らなくても、涙があふれてきます。
  • 2011.05.30 Monday
  • 15:44

アメリカ北東部

ダイアナ・クラール 「ライヴ・イン・パリ」

評価:
Array
Universal Music LLC
¥ 1,500
(2014-02-18)

たまには、ジャズでも聴くべかと
チョット調べて、たどりついたのがこの人。
もともと、ほとんど知りませんでした。

ベッピンさんなんで、トイレの神様は、
よっぽどこの人を気に入ったと見えて、
他の才能も開花させたみたいですね。

歌もピアノも素晴らしくて人気もあるそうです。
何とだんなさんが、エルビス・コステロと知って
またびっくり!

 
  • 2011.04.28 Thursday
  • 11:18

アメリカ北東部

ノラ・ジョーンズ FEELS LIKE HOME

評価:
Norah Jones
Apo
¥ 2,615
(2012-08-17)

スモーキー&ハスキーな声がしびれます。
スモーキーと言えば、チャー?

 ゲストでドリー・パートンとデュエットしています。
ザ・バンドのレヴォン・ヘルムとガース・ハドソンが参加しているみたい。
トム・ウェイツのカバーもやってるそうで・・・

私の好みのミュージシャンばっかりです。
  • 2011.04.27 Wednesday
  • 11:12

1