Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

ゲット・バック


組長のコラム?『音楽映画 観ずに死ねるか!』2020年2月号

 

総合評価点:80点(100点満点中)
楽器、歌のリアル度:★★★★★
笑い、オフザケ度 :ナシ
重さ、シリアス度 :★
音楽のジャンル :ロック、ポップス
時代設定 :1990年ころ
舞台設定 :ワールド・ツアー
ドキュメンタリー

 

1990年までのポール・マッカートニーの世界ツアーを激写したドキュメンタリー映画です。
たしかポールさんは一時期、昔の栄光に負ぶさりたくなかったのかどうか?ビートルズ時代の曲をあまり演奏してなかったように思います。呪縛が解けたかのように、このツアーではビートルズの曲を演奏されています。ビートルズファンとは、とても言いがたい私でさえ知ってる曲のオンパレードでした。エエ曲が多いんですよね!世界中で知らない人を探すのが難しいくらいに有名ですし、ポールさんもまだ若い。ベースにギターにピアノも演奏。特に感心するのは、ベースを弾きながらの歌を歌うこと。これって、めちゃくちゃ難しいんです、ほんとに!平然とやってのけていますし、曲も自前です。才能ありすぎ、あんたが大将〜!
バラード調の曲の間に、じだい時代の大きな出来事の映像が挿入されています。ベルリンの壁、ベトナム戦争、キング牧師、小平、そしてジョン・レノン。
有史以来、世界の覇権を握ってきた国の中のひとつにイギリス大英帝国も名を残しています。香港の混乱は今も続いていますが、この元凶を作ったのもイギリスです。ビートルズを含め70年代のロックが「ラブ&ピース」を叫び、世界は変えられるんだと信じたはずなのに、世界の混迷はより複雑化しています。
ブレグジットの今、パックス・ブリタニカの夢が、パックス・チャイナにならないことを祈って止みません・・・・・。

 

2015年5月から「SO-す」という曽於市の地域情報誌に

毎月1回『音楽映画 観ずに死ねるか!』というコラムを

組長が書かせていただいております。

南日本新聞の販売所4軒で、合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに不定期で転載しております。

 

 

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 10:16

天国への階段

映画監督「アラン・パーカー」逝っちゃた・・・・


きめ台詞「アイルランドの黒人?だ!」

なんと言っても「 ザ・コミットメンツ

サントラが2枚、けっこうコピーしたな〜

 

数々の名作、特に音楽映画が多かったですね。

「フェーム」「ダウンタウン物語」

「エビータ」マドンナの好演が思い出されます。

 

音楽好きやったんでしょうね。

天国には、あぶない音楽ってあるんやろか・・・・?

 

 

 

 

  • 2020.08.01 Saturday
  • 09:45

ジンタ組 日記

ロックの歴史相関図

 

メンバーに聞かれました。

映画「スクール・オブ・ロック」を観たかと?

 

「はい! 主演:ジャック・ブラック(ユダヤ人)」と答えました。

主人公 デューイ が、黒板に書いたロック相関図が欲しいとのこと

あたしの頭の中には、

もっと広大で詳細なロック曼荼羅が広がっている・・・?

 

 

 

  • 2020.07.31 Friday
  • 10:13

都城・曽於

クロッシング・ザ・ブリッジ


組長のコラム?『音楽映画 観ずに死ねるか!』2020年3月号

 

総合評価点:86点(100点満点中)
楽器、歌のリアル度:★★★★★
笑い、オフザケ度 :ナシ
重さ、シリアス度 :★★★★
音楽のジャンル :ロック、ポップス
時代設定 :2000年ころ
舞台設定 :トルコ、イスタンブール
ドキュメンタリー

 

2005年に公開のイスタンブールを舞台にして撮られたドキュメンタリー映画です。結構前に一回観たんですが、その時よりはかなり興味深く拝見できました。50年近く音楽を聴き続けてきて、様々な謎が少しずつ解けてきたように思う昨今です。当然のことなんでしょうが、音楽にも歴史と宗教が深く関係しているんですね。
ドイツに在住のトルコ系のミュージシャンが監督をされています。この映画には、何組かのトルコのミュージシャンが出てきます。伝統音楽系、ラップ、ロック、ロマ系、クルド系、それぞれが魅力的かつ個性的です。
イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパの分かれ目です。故に様々な人種の交差点でもあります。宗教的にも混在してます。東ローマ帝国の首都であったころはキリスト教。オスマン帝国のころからはイスラム教。今でも地政学上、社会的な問題の中心地でもあります。
日本との関係は、比較的良いという話も聞くんですが?エルトゥールル号の感動的な話や、その恩義を帰す形で、自国の飛行機を出してくれてイランの日本人を助けてくれたお話とか(ありがとうございます!)
トルコの音楽に始めて触れて衝撃を受けたのを今でも思い出します。1980年「向田邦子」さん脚本の「阿修羅のごとく」のテーマソングです。覚えてらっしゃる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?オスマン帝国時代の軍隊の音楽なんです。吹奏楽で奏でられる独特のメロディが忘れられません。モーツアルトも自国に侵攻してきたトルコ軍の音楽に触発されて「トルコ行進曲」を書いたというのを聞いたことがあります。
唐突ですがシンバルの発祥がイスタンブールらしいです。40年以上お世話になっていて、やっと最近気づきました?

 

2015年5月から「SO-す」という曽於市の地域情報誌に

毎月1回『音楽映画 観ずに死ねるか!』というコラムを

組長が書かせていただいております。

南日本新聞の販売所4軒で、合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに不定期で転載しております。

 

 

 

  • 2020.07.30 Thursday
  • 09:46

都城・曽於

番外編:公共放送?『NHK』の音楽番組

 

組長のコラム?『音楽映画 観ずに死ねるか!』2020年4月号

 

総合評価点:91点(100点満点中)
楽器、歌のリアル度:★★★★★
笑い、オフザケ度 :?
重さ、シリアス度 :★★★
音楽のジャンル :クラシック、演歌系以外
時代設定 :1970年代〜


通常こちらのコラムでは、音楽映画のことを書かせていただいていますが、今回は番外編という勝手な試行で、NHKの音楽番組や番組に使われてる音楽のことを考察してみたいと思います。
まず、音楽番組といえばこちら!ビデオ・デッキも無い時代に「ヤング・ミュージック・ショー」という洋楽のロックを放送していたNHKの番組がありました。たぶん土曜日の3時くらいからだったと思います。

今思うと超レアなバンドの映像が多くて大興奮して観ていたのを懐かしく記憶しております。最近は、ロック・ポップス系の音楽番組と言えば「ソングス」と「カバーズ」くらいですかね。ここ数年内容があまり感心できませんが?
あくどい視聴料徴収でぶくぶくに超え太ったNHK?にしか作れない特筆すべきBSの番組「駅ピアノ」「空港ピアノ」 世界各国の空港や列車の駅の構内に設置されている誰でも自由に弾けるピアノを弾く一井の人たちを撮ったドキュメンタリー番組です。様々な国や人種、年齢、そして、それぞれが弾く曲のバラエティの妙!ピアノに触り始めて数ヶ月の人からプロのミュージシャンまで、テクニック、表現力、いろいろです。

このいろいろ感、偶然感、ライブ感、方々の人生観、そして歴史まで見えてくるのが面白くて仕方がありません!(絶賛!)
もうひとつのご紹介したい番組は、Eテレの「ムジカ・ピッコリーノ」 余計なストーリー仕立ては、どうでもいいんですが?色々な音楽の形態、楽器の特徴、音楽の歴史まで、教えてくれます。

生の楽器演奏も見所です。出演者も通どころのミュージシャンが出ていたりして面白いです。

さすがというか?やりすぎ感が凄いコンピュータグラフィックスの背景処理も一見の価値があります。
NHKの視聴料徴収の問題は、早期に改善して欲しいですね。

ちなみにうちの家は、BSも含めて年払いさせていただいております〜!

 

 

2015年5月から「SO-す」という曽於市の地域情報誌に

毎月1回『音楽映画 観ずに死ねるか!』というコラムを

組長が書かせていただいております。

南日本新聞の販売所4軒で、合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに不定期で転載しております。

 

 

  • 2020.07.24 Friday
  • 10:52

ジンタ組 演奏曲

バイバイ。 相川七瀬

 

また組長の「織田哲郎」好きが、出てしまった。

ポップなんだけど、ロックの王道的な曲作りにしびれますね〜

オールド・ロックファンが、思わずニヤッとしてしまうイントロは?

 

ロック感、スピード感共に、体力的には辛いですが

何とかやってみましょうかね。

 

 

  • 2020.07.23 Thursday
  • 11:05

ジンタ組 日記

指は頂かないのに・・・・

 

中学時代から、私のやってることは変わらない。

担当楽器の練習は、そこそこに済ませて、

メンバーの時間調整、リクルート

練習場の確保、機材の調達

 

またメンバーに逃げられたか?

組組織にしたのが仇になったのか?

指まではいらんのにな〜

 

 

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 10:42